メニュー 閉じる

櫻坂46 小林由依のアイドルとしてのプライド “アニラのその先”を描いた卒業公演

小林由依という存在は間違いなく、櫻坂46にとって精神的支柱となる存在だった。欅坂46時代は年少メンバーとしてグループに加入しながらも、ある時にはライブやツアーの出来について疑問を呈すなど、その信念を次第に強めていく。筆者もインタビューのたびにそういう場面に何度か直面し、他者に対して誠実であろうとするその真っ直ぐな姿勢に感心させられたものだ。そして、欅坂46後期からグループを牽引する側へとシフトし始め、櫻坂46に移行してからは二期生中心の体制のなかで、自身も華やかさを見せながらも後輩に背中で語るなど、重要な役割を果たし続けてきた。櫻坂46がここまで着実な成長を重ねるうえで、間違いなく功労者のひとりと言える存在だ。

櫻坂46 小林由依 女性グループ