メニュー 閉じる

乃木坂46、中西アルノを座長に据えた『34thSG アンダーライブ』 14人が描く新章の続き

乃木坂46にとって2023年は「世代交代」が大きな課題だったことは、明白だろう。春までに1期生、2期生が全員卒業し、同じタイミングに32ndシングル『人は夢を二度見る』で初めて久保史緒里&山下美月による3期生ダブルセンターを打ち出す。同作からは5期生が表題曲やアンダー楽曲の制作に本格的に加わり、同作を携えた『32ndSGアンダーライブ』にも初参加。夏には33rdシングル『おひとりさま天国』のセンターに5期生・井上和を迎え、初の明治神宮野球場4DAYS公演を含む『真夏の全国ツアー2023』を成功させる。その後実施された『33rdSGアンダーライブ』では、アンダーライブとして初の横浜アリーナ3DAYS公演を敢行。過去最大規模となったこのアンダーライブも全公演チケット完売を果たし、年末には4期生の賀喜遥香&遠藤さくらがダブルセンターを務めた34thシングル『Monopoly』をリリースし、『第74回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)への9年連続出場を達成させ、充実の1年を終えた。

アイドル 中西アルノ 女性グループ 乃木坂46